韓国民団 広島西支部

トップページへ トップページへ アクセス地図を見る E-mailを送る

◆民団西支部の広報紙「西便制」WEB版です。 年4回発行の季刊紙です!
◆今回の内容は―― | 韓国人原爆犠牲者慰霊祭 | 団長ブログ | 支部敬老会 | 延辺朝鮮族自治州 旅行記 | コンブ ハプシダ |  など。
◆バックナンバー ・・・ | Vol.5 | Vol.4 | Vol.3 | Vol.2 | Vol.1 | 

Vol.6 (2006/11/1)
西便制(広報 西支部)

  ヨロブン アンニョンハシムニカ ♪ 
        天高く馬肥ゆる秋! 一年で一番元気の出る季節ですね♪
行楽に、スポーツに、何をやっても爽やなシーズンを迎えました。支部も元気に、いろいろな行事をこなしていますが、秋の旅行については旅行会社の不手際で中止となりました。参加を希望された方々には、心よりお詫び申し上げます。(サグァハムニダ)
今後とも皆様に喜んでいただける支部となよう頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。


 ◇◇ お知らせ ◇◇


1.パスポート申請が変わります!!
 パスポートの申請時に、戸籍謄本が必須となります。従って、今まで以上に時間がかかります。戸籍謄本の請求と合わせて、最低1ケ月の期間を見込んで下さい。
また、写真審査も厳しくなっています。コンビニに併設してあるインスタントの写真では許可がおりませんので、ご注意下さい。(パスポート用と書いてありますが、日本人を対象としたものと思われます。)

2.西支部忘年会 12月中旬を予定
○ 財政難を理由に長く実施していませんでしたが、今年は経済顧問の多大なる支援の下
 開催できる運びとなりました。企画としては、日帰りの温泉旅行を考えております。
 また、当日は「大抽選会」を行い、沢山の景品をプレゼントするつもりでいます。
 詳細については、後日ご案内申し上げます。
ちょとお知らせ、盧 在洙団長の記事が写真付きで「統一日報」に掲載されました!
                          (10月18日号) 



 ◇◇ 第37回 韓国人原爆犠牲者慰霊祭 ◇◇



一番上へ移動

 ◇◇ 団長ブログ ◇◇

 言っちゃいますよ! 西便制(広報紙)は、情報発信を主眼として発行して参りましたが、ここいらで、ちょっとチャンソリを述べて見たいと思います。

1.地方参政権について
 済州道を調べていて見付けました。済州道は2006年7月1日から特別自治道となりました。
行政機構の再編と住民投票
これに伴い市・郡といった基礎自治体の再編の検討もなされ、これについて済州では初となる住民投票が行われた。これは現行制度を当面維持する「漸新案」と、基礎自治体の議会廃止・市長の道知事による任命・郡市の統合(済州市と北済州郡を済州市に、西帰浦市と南済州郡を西帰浦市にする)等を行う「革新案」とを選択するもので、「革新案」が採択された。なお、この住民とうひょうにおいては永住権を持つ外国人にも投票権が与えられ、注目された。
韓国に住む定住外国人に地方参政権が与えられた!

いや〜♪ ウリナラは凄いですね! さすが、国連の事務総長を生み出す国ですね。
それに比べ、イルボンサランはどうですか? 10年以上たつのに未だに進展なし★
相互主義と言ったのは誰ですか? 答えてください。ミスター バルトさん!
世界は見てますよ。この分だと、常任理事国入りも当分お預けのようですね♪♪


2.三機関制度(地方での)について
 皆さん、現在の西支部は三機関長が、3本の矢のごとく互いに協力しながら支部運営を行っています。若輩の団長が突進する事なく、先輩の二機関長の助言を受けながら歩んでおります。
とてもよい事だと思っています。しかしながら、本来の三機関制度とは違うのです。
 三機関制度とは、執行・議決・監察の三つの機関による三権分立を目標とする制度です。
三権分立は、18世紀のフランスの思想家モンテスキューが「法の精神」の中で述べている政治理念であり、アメリカ合衆国を始め先進主義国家の多くで取り入れられています。
 21世紀を迎えた今、地方民団にこのような制度が必要なのでしょうか?三機関による合議に基づいて支部運営を行っているのは西支部だけでしょうか? そして、議決・監察機関は本来の役割を果たしているでしょうか? 特に、議決機関は機能不全状態に陥っていると言っても過言ではないと思います。そこで、私は地方の現状に合わせた制度に変更する必要があると考えます。
現状に制度を合わすか制度に現状を合わせるか、意見の分かれる所です。がしかし組織活性化の為には制度改革が必要です。地方は、団員のみならず役員まで減少しているのです。一過性ではなく、今後も速度を速めながら確実に進行します。
 くしくも今年は創団60周年。還暦を迎えました。1つの時代を終え、新しい時代に向かう!のです。人が生き生きとしていなければ組織は活性化しません。一人一人の役員が十分に働ける組織にする必要があります。民団は時間との競争をしている事を認識しなければならないのです。

『提 言』 : 会社法の「委員会設置会社」をモデルとした制度改革を行うべきである!

株主総会 ≒ 定期地方委員会

○委員会は、執行委員会と監察委員会の2つ。
○監察委員会には、外部の有識者(日本人を含む)を登用し、諮問機関のような機能を持たせる。そして、チェック機関としての役割だけでなく、政策立案機能を持たせる事によって執行機関に対峙する事が可能となり、組織活性化が図れる。 

 ◇◇ 支 部 敬 老 会 ◇◇

  ※ 9月24日(日)午前10時より
 第 1 部 : 映 画 「 春 香 伝 」 上 映 
 第 2 部 : 食 事 会(約40名)

一番上へ移動

 ◇◇ 延辺朝鮮族自治州 旅行記(1) ◇◇

広島 〜 大連 〜 延吉 の旅(8月12日出発、5泊6日) : 児童養護施設視察と白頭山観光


 ◇◇ 延辺朝鮮族自治州 旅行記(2) ◇◇


        韓国からの旅行者のなかには「マンセー!」を叫ぶ人々も珍しくないそうです。

○ 中朝国境の街、「図 們(トムン)市」にて


○ 延吉市内の北朝鮮が経営する居酒屋での光景


日本のマスコミもよく取り上げる店ですよ。

平譲アガシとのツーショット♪(よく似合ってますネ♪)


美しさに惑わされて「拉致」されないようにネ : 団長さん!

 ◇◇ コンブ ハプシダ ◇◇


本来は、三国時代【 PARTU】でしたが、「済州訪問の年」を祝し予定を変更して済州道の歴史を紹介します。

『三姓穴神話 : 済州道の建国神話』

三姓穴は、済州道にあった古代国家である耽羅(タムラ)国の発祥地である。済州の神話によると、ここ三姓穴から高(コ)、梁(ヤン)、夫(ブ)という三神が現れた。彼らが済州の人の始祖と言われている。最初、彼らは狩猟生活をしながら動物の皮の服を着て肉を生のまま食べていた。その後、本土から来た三人の姫をそれぞれ妻に迎え、農耕生活を始めたという話が伝えられている。

ちょっと変?! 檀君神話をはじめ、多くの神話では、神様は天から降りて来ませんか。土の穴から誕生する神様はとても珍しいですね♪ 独自の文化??
誰か!歴史や民俗学に詳しい方、教えて♪
その後、耽羅(タムラ)国は、独立した国家を形成していたが、高麗時代に入ってから、耽羅は済州と改称されて中央政府の統治下に置かれた。蒙古軍の侵入によって国が危機的状況になった時には高麗最後の抵抗基地となり、また、蒙古の支配時代には元の直轄支配地にされ、牧畜が始められた。また言語と風俗の面において蒙古の影響を強く受けた。

 朝鮮時代には、ミカン、馬などの貴重な生産地として有名であり、済州道に管理職として赴任及び流刑になった多くの人によって内陸の文化が島に伝わった。済州道は火山が作り出した美しい自然環境と特異な地質をもっており、温暖な気候、南国的な植物、独特な文化と風俗など、観光資源が豊富な所である。また陸地との海上及び航空交通が発達し、韓国のみならず国際観光休養地として脚光を浴びている。

 済州道のシンボル、トルハルバン(石爺さん)は、朝鮮王朝時代の行政区域である3つの郡・県のそれぞれの東・西・南門の入口に立てられた、村の災厄をを追い払う守護神(道祖神)であったが、現在は済州道のシンボルとして各地に立てられ、土産物としてトルハルバンを模した置物が製作・販売されている。
 では、このへんで!
    次回もがんばります♪

韓国民団 広島西支部
〒733-0023 広島市西区都町21番6号  TEL (082)292-7356 / FAX (082)292-7388  E-mail : mindan-nisi@hi.enjoy.ne.jp
Copyright © 2009 MINDAN Hiroshima West Branch. All Rights Reserved.